一緒に購入されている商品

高雄大空襲

MC-RoT

6,000円(税込6,600円)



第二次世界大戦後期、米軍を中心とする連合国軍は太平洋の戦場においてすでに海空の支配権を掌握していた。連合国軍は戦争を早めに終わらせて損失を抑えるため、「飛び石作戦」によって日本本土への攻勢を強めた一方で、台湾へは上陸せず、全面的な空襲を行った。日本の南進政策において、高雄は「南進基地」の要塞都市とされていたため、高雄に製油、造船、鋼鉄圧延、硫酸アンモニウム、肥料、製紙などの工場が建設されたほか、岡山には日本軍が飛行機の機体や軍用機器を作るための施設があった。このため、高雄はアジアで日本本土に次ぐ軍需産業基地となったのであり、それゆえに米軍の重点的な空襲目標となったのである。統計によれば、大戦中に米軍が高雄に投下した爆弾の量は台湾の全都市の中で最多である。

このゲームの敵はただ一つ、戦争の残酷さです!



ゲーム概要

『高雄大空襲』はあなたを第二次世界大戦後期の高雄にタイムスリップさせます。戦争によって狂わされる人生を体験することができるでしょう。プレーヤーが演じるキャラクターは、困難な選択が迫られるくびきを有しているほか、この土地を守るという任務を背負っています。「今回は、生き残るだけでは足りない。より重要な目標の達成が求められているのだ」。



ゲームの目的

『高雄大空襲』はシナリオ形式の協力ゲームです。毎回シナリオを一つ選んでプレーすることができます。シナリオに定められたゲームの目的を達成するとゲームクリアです。限られた数のラウンド終了時にゲームの目的を達成していない場合、失敗となります。また、ゲーム中で1人以上のキャラクターが死亡した場合でも、失敗となります。

クレジット: Raid on Takao (2019)
  • ゲーム・デザイン: Teng Chieh-Ming
  • グラフィック: Nuomi
コンポーネント:
  • 日本語ルール / 日本語カードあり
  • キャラクターボード ×8
  • マップボード ×1
  • キャラクターパネル ×8
  • 動物仲間パネル ×4
  • キャラクターくびきカード ×24
  • 物資カード ×60
  • プレーヤー用サマリー ×6
  • 神迹カード ×3(聖母、林黙娘、大物主)
  • 生命マーカー ×6
  • 不安マーカー ×6
  • 体力マーカー ×12
  • スタートプレーヤーマーカー ×1
  • ラウンドマーカー ×1
  • 技能マーカー ×6
  • 防空壕マーカー× 6
  • 爆撃機マーカー ×3
  • 廃墟マーカー ×30
  • 食糧マーカー ×16
  • さいころ ×1
  • シナリオボード ×5
  • シナリオマーカー(特高マーカー ×4、厭世動物マーカー ×4)
  • シナリオカード(苦境カード ×12、戦闘機部品カード ×10、船難カード ×16、政治犯カード ×6、厭世動物カード ×4)
外部リンク:

レビューはありません。

一緒に購入されている商品

メーカー名から探す