BANZAIまがじんEX第5号(第6軍救出作戦)

BMEX05

3,200円(税込3,520円)


年3回発行の付録ゲームつき本格ウォーゲーム・マガジンです。

BANZAIまがじんEX第5号の内容:
特集:
包囲と攻囲と救出作戦
  • 目的の手段化が許される包囲戦ゲーム
  • フラウシュタットの戦い ──「カンナエ以来の包囲殲滅戦」は本当か?
  • 1700: セブンティーン・ハンドレッド
  • 奇っ怪な包囲戦はソリティアで
  • ボンバ百名山を征く
  • 絶望的包囲の中の日本軍
  • 雷鳴が聞こえなくても


緊急事態宣言下のウォーゲーミング
ウォーゲームにおける国家総力戦とは何か(Cataclysm)
血のオマハ? あんなものは飾りです! (Folio D-Day)
1年1ターンのスケールで描く大戦略級シリーズ(Pacific Tide & Ostkrieg)

流血のカンザス(Bleeding Kansas)西川秀和
ウォーゲームでありボードゲームであり(光の城)堀場 亙

付録ゲーム: 第6軍救出作戦
「冬の雷雨」と名づけられた(日本では従来「冬の嵐」と訳されてきましたが)救出作戦は12月12日に開始されました。攻勢開始直後の進撃は快調だったものの、次々と押し寄せるソ連軍の増援により前進速度は鈍ります。ソ連軍は「土星」作戦に用いる予定だった兵力を転用して、マンシュタインによる解囲を阻止しようとしたのです。それでも先頭を進む第6装甲師団は、19日にスターリングラードの味方部隊まで50 kmまで接近しました。

もし、この時に第6軍が突囲していれば、包囲網と外と内からの攻撃で脱出できていたかもしれません。しかしヒトラーは第6軍の「雷鳴」作戦を許可しませんでした。結局、戦力の限界に達したマンシュタインの救援部隊はソ連軍の反撃を受け、12月末までに攻勢開始線まで撃退されたのです。

『第6軍救出作戦』は、この「冬の雷雨」作戦をテーマにした2人用のウォーゲームです。1人は枢軸軍(ドイツ軍とルーマニア軍)を、もう1人はソ連軍を受け持ちます。

クレジット: 第6軍救出作戦(2020)
  • ゲーム・デザイン: 中黒 靖
  • グラフィック: 中黒 靖
コンポーネント:
  • 日本語ルール: A4判12ページ
  • 15ミリ角カウンター: 99個
  • A3判マップ: 1枚
外部リンク:

レビューはありません。

メーカー名から探す