ゾンビ・ウォー(Zombie War)

TBG036

4,752円(税352円)

SOLD OUTの時はこちらをご覧ください。
★ 日本語ルールブック: A4判5ページ
★ コンポーネント: 世界地図1枚、駒70個、カード18枚

【ゲームの概要】

  • その存在が否定されてきた「脳噛病」ですが、世界各地の大都市で大流行。早い話、街がゾンビであふれているのです。生きている人間を一人残らずゾンビに変えてしまうと、彼らは新鮮な「脳」を求めて隣の都市へと向かっていきます。既に大国の政府、軍隊は対策に乗り出しましたが、このゾンビを利用して一儲けしようとする企業もいて……。

  • 『ゾンビ・ウォー』は2-4人で楽しむゲームです(ベストは4人)。各プレイヤーはゲーム開始時に役割に基づく勝利条件カードと、地理な勝利条件カードを1枚ずつ受け取り、密かにその達成を目指します。役割には政府、軍隊、企業、ゾンビ(!)、孤立主義者(!!)、テロリスト(!!!)があり、目指すべきものがまるで異なります。例えば孤立主義者なら、世界の最果てで自分だけが安全に暮らせれば勝利しますし、政府なら大国の政治中枢(ワシントンやモスクワといった大国の首都)を守らなければなりません。地理的条件としてはヨーロッパや中国、アメリカなど特定エリアをゾンビの侵攻からがっちり守ることです。

  • 秘密の役割とは別に、各プレイヤーは順繰りに政府、軍隊、企業、ゾンビとしての役割を1回ずつこなしていきます。役割によって自分のターンに行えることが異なりますが、その中で高得点を狙います。例えば政府なら、ゾンビの脅威レベルを下げれば得点できますが(国民を落ち着かせ、政権が有能であることをアピール!!)、脅威レベルの低下は軍隊の行動を抑制します。軍隊が弱体化されるとゾンビの活動が活発になる……といった具合に、各プレイヤーのアクションが様々な形で影響します。

  • ゾンビは都市(東京や大阪も入っています)から隣接する都市へと拡散していきますが、行き先にメディックや軍隊がいれば食い止められます。しかし、新薬を開発しようとゾンビを「密輸」する企業が現れると、安全地帯のど真ん中で脳噛病がアウトブレイクすることもあのです!! 他のプレイヤーの勝利条件を探りながら、自分の勝利条件達成を目指し……できれば世界を救ってください。


【ご注意】

  • 日本語ルールはPDF形式でのご提供になります。Googleドライブからダウンロードしていただけます。事前にお試し版にアクセスして、ルールブックが表示されるかどうか確認してください。

  • プレイのため、別途ダイスが必要になる場合があります。

  • ルールがアップデートされた時は、メルマガにて更新情報を通知させていただきます。こちらからご登録ください。