カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
歴史の転換点となった戦いを取り上げた「ターニング・ポイント」シリーズの1作。
本作の特徴は何と言ってもミッドウェー島上陸戦闘をテーマにしたゲームがついていること。上陸戦闘ゲームは単体でも、空母戦とリンクさせてもプレイ可能です。
ミッドウェー海戦(The Battle of Midway)
8,400円(税込9,072円)
90 ポイント還元
購入数

TPS19
ミッドウェー海戦(The Battle of Midway)
8,400円(税込9,072円)
90 ポイント還元
SOLD OUTの時は現在、当店には在庫がありませんが、ご注文いただいてからメーカーに在庫を確認後にお取り寄せいたします。詳しくはこちらをご覧ください。メーカーへの発注のタイミングは新刊発売時となります。
★ 日本語ルールブック: A4判11ページ

【ゲームの概要】
太平洋戦争における転回点がミッドウェー海戦であることに異論はないでしょう。日本海軍は米空母艦隊を誘引して撃滅するはずだったのに、暗号の解読やそれまでの勝利による驕り、そして幸運の女神にそっぽを向かれ、戦略的な敗北を喫したのでした。

Paul Rohrbaughがデザインした『ミッドウェー海戦』は、簡素にして十分なディテールを持っています(日本軍がミッドウェー島を占領した後で運用する予定だった補用機もルール化されています)。作戦マップ(ハード・マップ)と戦闘マップだけではなく、ミッドウェー島の詳細マップも用意されており、日本軍が上陸作戦を行っていたら何が起こったのかを知ることができます。

空中戦、対艦攻撃、潜水艦による攻撃、水上戦闘……あらゆる可能性が網羅されています。

あなたは歴史を知っています。歴史を変えられるかどうか、ゲームで試してみましょう。



【コンポーネント】
  • 11インチ x 17インチの厚紙で裏打ちされたボード(及び戦闘ディスプレイ)
  • 5/8インチ角のカウンター176個
  • 英文ルール12ページ
  • 図表類: 航空作戦ディスプレイ2枚

【ご注意】
  • 日本語ルールはPDF形式でのご提供になります。Googleドライブからダウンロードしていただけます。事前にお試し版にアクセスして、ルールブックが表示されるかどうか確認してください。
  • プレイのため、別途ダイスが必要になる場合があります。
  • ルールがアップデートされた時は、メルマガにて更新情報を通知させていただきます。こちらからご登録ください。


【本作に関するブログ記事】
この商品を購入する

この商品を買った人は
こんな商品も買っています